2007年04月02日

姿勢の悪さを治したら仕事が楽になった

最近ずっと疲れていたのですが、「オーラの泉」で、美輪さんが、みんな緊張しすぎて呼吸していない、肩、目のまわり、二の腕、首がこわばっている、上半身の力を抜いた方がいいと言っていたのをきいて、まさに自分は上半身を緊張させすぎていることに気づきました。

テレビを見た翌日から、上半身の力を抜くことを心がけたら、今まで辛くて辛くてしょうがなかった仕事が、だいぶ楽になりました。思うに首を前にずっと突き出しながら、パソコン画面を凝視していたのがいけなかったのでしょう。呼吸も浅く、二の腕、肩、首、頭がずっと痛かったです。今では自然と姿勢もよくなりました。会社が悪かったわけでなく、私の姿勢が悪かっただけのようです。

誰も姿勢のことは注意してくれない。生活を送る上で姿勢というのは、とても大切なことですが、体にかかわることだからか、姿勢のゆがみを指摘してくれる人は少ないです。一方、多くの日本人は体が歪んでいます。筋力も弱りました。心もそれに応じて苦しんでいるようです。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

日記

最近人生を迷っていました。迷いはさめ、私は目に精神の光をともして、書き始めます。歩み始めます。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

世界にはたくさんの本があふれているけれど

世界にはたくさんの本があふれている。今日もまた日本国内だけでたくさんの書物が出版されている。その中で読む価値のある本はいったいどのくらいだろう。

商品の寿命が短くなっているという。たくさんの商品が毎日毎日新発売されるため、消費者に飽きられたらすぐに廃棄されてしまう。消費のスピード加速。

いったい何のために生きているのだろう。どうして商品や本はたくさん生まれているのだろう。

世間のスピードの波の、そのまっただなかから遠いところに身を置いて、世界を眺めてみると、大事な言葉が見えてくる。

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ハッピーな人々の秘密

ハッピーな人々の秘密
ハッピーな人々の秘密Rick Foster Greg Hicks グレッグ ヒックス

総合法令出版 2004-01-24
おすすめ平均 star
starオススメです
star成幸哲学〜幸せを選択するということ
star本当の幸せについて教えられました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結局この本一冊あれば、後は自己啓発本何もいらないかもと思えるすばらしい本です。不幸だな、疲れたなと思ったら、この本に書かれていたことを思い出せば、自然に笑みがこぼれてきます。幸せな気分がもりあがってきます。だから好きです。

ハッピーな人は、ハッピーになろうと常に努力している。

たったこれだけ。

シンプルな教え。




更新タイミングについてのお知らせ

現在私は『作家野尻有希のささやかなブログ』(http://marcelproust.seesaa.net/)に毎日文章を書きこんでいます。以前はいろいろなブログを毎日更新していたのですが、これからはひとつの活動に集中したいと思い、上のページばかりに書きまくっています。

こちらのブログは週末に一回更新したいと考えています。見捨てることはありませんので、これからもよろしくチェックください。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

引き続き30代について

昨日、論語の四十にして不惑という話から、30代の問題を書きました。なんか日本の30代は頼りない。家庭にしても企業にしても、30代の力がぼこっと抜けている。まあ私も後2年もしたら華の30代。だからこそ、今30代を頼りなく感じるのかもしれません。小学1年生の頃は、中学生と言えばものすごい大人ですが、小学六年生ともなると、中学生はそんなこわくない、このような感じ。

思ったよりも、30代は幼い。私自身も大変幼い存在ですが、大人と呼べる年齢である30代が何故か幼い。ちょうど今、テレビ東京でも30代の特集をやっています。組織の屋台骨を支える30代、将来のリーダー、30代。

こんな時は、孟子の王道政治、理想論を思い起こします。

40にして、はじめてまともな仕事ができる。社会の役に立つ仕事ができる。それまで、いかに人間を高めていくか。王道を学んでいくか。

論語に学ぶ
論語に学ぶ安岡 正篤

PHP研究所 2002-10
売り上げランキング : 735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人生と陽明学 安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う 人間としての成長―東洋の古典から何をいかに学ぶか 人生の五計 困難な時代を生き抜く「しるべ」 活学としての東洋思想―人はいかに生きるべきか

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

東洋思想に即して

最近東洋思想に即して、人生、人物学について学びを深めています。

知恵だけを高めるのでなく、徳も高めて、人格の向上をはかること。

徳のある人は知恵がなく、知恵がある人は徳がないという状態に陥りやすいです。両方を高めていくには、日々己の行動を観察し、注意深く生きること。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

金持ち父さんシリーズを読んで思ったこと

いま金持ち父さんシリーズを読んでいます。

読んで思ったこと。

やっぱり知的著作物を作ることは重要!

作り出す作業は大変でも、その後著作物が、作者にお金をもたらしてくれます。

良質の情報をたくさんの人に、安価に提供すること。

お金もちはずるがしこいんじゃなくて、気前がいい。みんなに知恵を分け与えることで、その人はしたわれ、豊かさを手に入れる。

世界をどんどん豊かにする気前のいい人が、もっとも豊かになる。


いろいろ批判のある金持ち父さんシリーズですが、最近になってその価値を実感しています。

学校の教育。

仕事の教育。

お金の教育。

金持ち父さんは、お金の教育が足りないといいます。

上記3つの教育にプラスアルファ、人間、人格の教育が付け加わったら、最強でしょう。

人格教育は古典から。


金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 白根 美保子

筑摩書房 2003-07-11


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
金持ち父さんの投資ガイド 入門編 ― 投資力をつける16のレッスン
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ― 起業家精神から富が生まれる
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

森信三とともに歩む日々

森信三・魂の言葉―二度とない人生を生き抜くための365話
森信三・魂の言葉―二度とない人生を生き抜くための365話寺田 一清

PHP研究所 2005-04


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
修身教授録―現代に甦る人間学の要諦
森信三 教師のための一日一語
講話録 真理は現実のただ中にあり
人生二度なし―悔いなく生きるために
詩集 念ずれば花ひらく


こんにちは。最近森信三の言葉を毎日読んでいます。彼の言葉ひとつひとつが大変ありがたいです。

書物を読むということは、こういうことなのかと思います。すなわち、娯楽やひまつぶしのための読書ではなく、自己修養のための読書。書物という言葉は、こうした本にのみ与えられる崇高なものであり、読書というのは、こういう本を読むことなのかもしれません。

人間を深めるための読書。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

書評:メガトレンド2010

メガトレンド2010
メガトレンド2010パトリシア・アバディーン 経沢 香保子

ゴマブックス 2006-07-10
売り上げランキング : 388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
仕事は、かけ算。 〜20倍速で自分を成長させる 脳と心の洗い方〜「なりたい自分」になれるプライミングの技術〜 富の未来 上巻 富の未来 下巻 なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学


「新しい資本主義がやってくる」という帯コピーに触発されて購入しました。女性社長の写真、「藤田晋氏大絶賛」という言葉、帯は売りの基本をばっちり押さえていて秀逸だと想います。派手な帯をとると銀色の控え目なカバーなので、それもまた好印象。

著者は意識資本主義の時代がやってきたと言います。金儲けに走りすぎた企業の粉飾決算、社会不祥事、環境汚染など問題が一通り起きた後、現代ビジネスのトレンドは健康志向、環境志向、癒しにスピリチュアルにヨガにピラティス。ロハス。

毎朝ヨガや瞑想をするCEOがビジネス誌で特集される時代です。しかもそのCEOがあやしい霊感商法の経営者でなく、好業績をあげている大企業のCEOである点がメガトレンド。

ビジネスに再び高度な倫理精神、社会的責任が要請される時代、ヨガ好きのCEOが世界を制する?

読むと企業で働く気分が昂揚してきます。
ビジネスは汚いと思うなら、自分でいくらでも変えることができる、そんな希望を抱かせてくれる良書です。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

コーチングから産業カウンセリングへ

今日コーチとなる第一歩を記すため、人材紹介会社に行きました。コーチを募集している企業への転職支援サービスを受けるためです。私にはまだコーチの経験、キャリア、学習経験がありません。心と気持ちはすでにコーチですが、実績がなければ、コーチとは呼ばれません。実績のない人でも、コーチになれる会社への転職を希望したのですが、やはりそこは年齢、経験がなければ難しく、かわって、産業カウンセリングの会社を紹介されました。私自身、産業カウンセリングへの興味があったので、半ば喜んで、その会社の紹介依頼をしました。

職業としてのコーチになれる日は遠いですが、コーチに近い立場の仕事で経験を積むことは可能ですし、気持の上では毎日コーチとして生活することができます。高い倫理意識とプロ魂を持って、天職目指して活動していきたいと思います。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

天職、コーチングに呼ばれて

日記。昨日から急にコーチングの勉強に、真剣に取り組みたいと思い始めました。今まで転職したかったけど、なかなか踏み出せなかったのが、もうすぐにでも転職したいと強烈に思いました。これもコーチングのおかげ?

コーチになれるよう、コーチングの学習をしようと思っても、どの講座も料金が高く、手が届きそうにありません。いっそのこと、コーチ修行と思って、コーチングをしている会社に働きながら、コーチングの勉強をしようと思いました。働きながら学習する。労働することを、こんなに楽しみに期待できることなんて実に久々です。というか、こんなに未来に夢が膨らむ経験なんてそんなもてるものでもありません。この高まりがすぐに萎んでしまわないように、過度の妄想を抱かないように注意しながら、現実的に、コーチになる道を歩んでいきたいと思います。ネット上でも、たくさんの人の人生が輝くよう、お手伝いできたらいいなと思います。

こんな暮らし、素敵だと思いませんか。

毎日がきらきら輝く。

朝起きるのが楽しみ。

仕事をしていても、疲れにすぐ気づける。

いつでも周囲の人に思いやりをもって接することができる。

汚い言葉を使わず、いつでも高度なプロ意識を持って仕事ができる。

自分の仕事と人生に誇りを持っている。

こんなコーチを目指して、明日から、天職へ向かう転職活動の始まりです。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

タイトルとテーマをサクセスコーチングに変更

再びタイトル変更です。「サクセスコーチングのリソース・ブログ」。ブックオフで今日買った「コーチング・マネジメント」を読んでいたら、コーチになるという意志がくじけそうになったけど、本の最後、サクセスコーチングというジャンルがあることを教えてもらって、またモチベーションが再燃した。

そうだ、自分はビジネスのコーチというよりは、人の成功を助けるコーチになりたかったのだ。ゆえに、サクセスコーチング。目標達成、自己実現、時間管理、能力開発をサクセスコーチングは扱う。自分がとても興味を持っている分野だ。もちろん自分は、サクセスコーチを目指しながら、同時に小説家も目指す。どちらの道でも大きな成果があがりますように。

邁進します。今日が新しい出発の日です。

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる伊藤 守

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2002-07-25


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
図解コーチングマネジメント コーチング・バイブル―人がよりよく生きるための新しいコミュニケーション手法 「ほめる」技術 コーチングのプロが教える心を動かすリーダーシップ もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログタイトルを変更

ブログタイトルを、「コーチングとセルフヘルプのコミュニケーション・リソース・ブログ」に変更した。少々長いけれど、コーチングとセルフヘルプ(自己啓発)の2つをうまくリンクさせて、創造的な活動ができるようにしたい。今まで何となく作家を目指していたけれど、コーチを目指しつつ、小説も書くような、二重に絡まり合った人生を送ってみたいと今日思った。小説を書くことは或る意味セルフコーチングだ。

これからこのブログでは、コーチングとセルフヘルプについて、とことん考えていきたい。読者のみなさんの生活設計の、ささやかな糧になればいいと思う。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

東京MXテレビで「西遊記II」を見る喜び

今日はワールドカップ決勝戦を徹夜で見たので、すこぶる眠たかった。謙虚な人柄のジダン、まさかの人体ヘディング・レッドカードには爆笑した。マテラッツィがどんな罵詈雑言を吐いたのか、頭髪に関することだったのか、野次馬的興味はつきない。

今日は仕事中も胃が痛いし、眠たいし、肩が痛いし、脇腹が痛いし、とにかく最悪のコンディションだった。ワールドカップの回想番組を見ていても、眠たくてしょうがない。リモコンをもてあそんでたどりついたのが東京MXテレビだった。

堺正章主演の「西遊記II」を再放送している。夏目雅子の三蔵法師はとてつもなく美しいし、岸辺シローの関西弁も軽快だ。何より番組中流れるバックミュージックの音色がかっこよくて、最高の気分になった。70年代歌謡曲のような、プログレのような、初期テクノのような、チープでシンプルなシンセサイザーの音色。ちゃちいドラムの音色がとてもかっこいい。明らかにミニチュアを使用しているように見える子供だましのセットも味があっていい。それにしても夏目雅子の三蔵法師は男なのか女なのかよくわからず、めちゃくちゃそそる。番組最後、ゴダイゴの「ホーリー・アンド・ブライト」が流れて、これがまたメロディアスでいい曲だった。全てにおいて懐かしかった。

僕は子供の頃、テレビ新潟で時折再放送されていた西遊記をよく見ていた。何も知らないガキの頃から夏目雅子の三蔵法師は最高にエロティックで、かつ清純そうで、両性具有的で、神聖な魅力に溢れていた(堀北真希はどことなく夏目雅子に似ているなと今思いついた)。

東京MXテレビは、ウルトラマンとかゼータガンダムとか、時折夜中に懐かしい番組の再放送をやっている。おすすめです。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 00:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

プレジデント

コンビニでプレジデントを購入した。今号の特集は、勝ち組と負け組の所得差について。読んでいたら、せっかくいい大学に入ったんだから、普通に大企業に入っておけばよかったと思った。しかし、私は文章を書く自分を世界に現そうとしているのだから、企業で働く私はかりそめの、にせの自分でしかない。早く自分自身の本質を世界に向けて打ち立てることが必要だ。雑誌など読んでいる暇もない。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

最近疲れています

最近疲れています。生きていることを見失っています。

お金は使うものではなく、増やすもの。自分の力で増やすもの。

お金を使う時、人は豊かになります。

誰かにものを買う時、私はお金を使っているのでなく、人々に喜びを与えている、共有しているのです。

みんなにお金を与えること。お金を使うことで喜びを得るのでなく、お金を増やすことで喜びを得るのでなく、豊かさを増やすことに喜びを得ること。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

会社のモラル・ハラスメントが気になる

新宿の紀伊国屋とジュンク堂にヘーゲルとハーバーマスを買いに行ったのだけど、歩いている途中でモラル・ハラスメントの本が目に入り、一瞬買いたいなと思いました。瞬間的な購買衝動をなんとかおさえて、経済的自由と独立を守り抜いたわけですが、やっぱり「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」というタイトル、気になります。

近所の温泉あがりに、マッサージを受けながら、NHKで放送されていた自殺についての番組をちらっと見ました。サラリーマンの自殺は一時間に一人の勢いだとか。原因の多くは上司など社内人間関係上のトラブル。自殺も、会社の業績・健康性も、モラル・ハラスメントに注意すれば、相当改善するのではないかと思います。

自己コントロールできるということは、すなわち他者とのつきあい方が上手、マナーがあるということ。社会は他との関係なんだから、他人の思惑を考慮できない人間は、ストレスがたまります。

自己や他者をコントロールするのでなく、自己や他者に多分な配慮を与えること。大事にすること。尊重すること。めちゃくちゃにしないこと。ありがとうと思うこと。

モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする
マリー=フランス イルゴイエンヌ 高野 優

4314009322

関連商品
モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない
私をコントロールしないで!―あなたを支配するパートナーとの縁の切り方
上司と部下の深いみぞ―パワー・ハラスメント完全理解
パワーハラスメントの衝撃―あなたの会社は大丈夫か 個人と企業のためのいじめ防止完全マニュアル
あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本
by G-Tools
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ビジネスは爆発だ!

ブログタイトルを「ビジネス思想クロニクルブログ版」から
ご覧の通り「ビジネス爆発大学」に変更しました。

とある芸術家が数十年前、「芸術は爆発だ!」と連呼していましたが、
ビジネスも爆発だ!

人生は爆発の連続だ!

絶えざる爆発、活火山。

不動の爆発が仕事を変えます。

萌え続けるんだスーツパーソン。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

自費出版の碧天舎がつぶれブログの時代に

自費出版の大手、碧天舎がつぶれました。2ちゃんねる文芸創作版では、自費出版系の出版社はきわめていかがわしいと以前から徹底的に叩かれていたので、つぶれるのも当然の結果かと思います。

出版ビジネス&文学理論において、作者から読者に価値の中心がうつってきました。読者だった人が作者に手早くなれる自費出版は時代の流れにのったビジネスでしたが、インターネットとブログが爆発的に伸びて、出版業界全体が時代遅れになっていきました。まあでもネットだと長文読むのにつかれるので、まだまだ本の需要はありますが、ネット発、ブログ発の書籍が売れているのも事実です。

情報を受身で需要していたマスメディアの時代から、
みなが好きな情報を検索してどこでも手に入れることのできるネットメディアの時代へ。誰もが情報の発信者になれる時代へ。情報の発信者同士がコミュニティを形成し、活発に知識の創造を行なう時代へ。企業組織から、個人の情報発信者に重心がシフトしています。

とべとべ 創れ創れ つながれつながれ。抵抗抵抗のウェブログ。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

最強組織、企業

企業とは、組織の中でも、社会に対して最大の影響力を持つ組織です。

参加人数、参加者の活動時間も他組織と比べて膨大です。

どうせ企業活動に参加するなら、エクセレントでポジティブで、
メンバーがいきいきしている組織に参加したいものです。

参加しているだけで自分自身がロナウジーニョのごとく輝き出し、
他メンバーも同時に成長発展していく偉大な組織を目指して。

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 10:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。