2006年12月21日

書評:ピーターズ『エクセレント・カンパニー』

photo
エクセレント・カンパニー
トム・ピーターズ ロバート・ウォーターマン 大前 研一
英治出版 2003-07-26
おすすめ平均 star
star事例が古くなっており、新しい知見の獲得が難しい一冊
star名作
star原点はこの本だと思う
star普及の名作エクセレントカンパニー
star「成功本を読む奴は成功しない」を証明するような復刻ブーム

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 新訳 経営者の条件 ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略

by G-Tools , 2006/12/21



トム・ピーターズは、アメリカにおいてはドラッカーに継ぐ重要な経営学者と評価されている、とピーターズの宣伝文には書かれているが、日本では人気があまりない。軽やかで、派手好きで、華々しいピーターズの文章は、真面目な日本人には向かないのだろう。この本はピーターズのデビュー作であり、経営学の名著の一つとされている。80年代日本企業におされて絶不調だったアメリカ。ピーターズはアメリカ企業の中で真に卓越している企業の、卓越している秘密を探り、本にした。アメリカの誇りの回復。当然アメリカでは受けるが、日本人にしてみれば面白くないのだろう。

ピーターズが上げたエクセレント・カンパニーになる秘訣は、顧客への密着、行動の重視、”ひと”の重視など。今にしてみればどれも当たり前の考えだが、それほどピーターズの言葉に影響力があったということだろう。何より、最近のピーターズのぶっ飛んでいる文体に比べると、この処女作は至極真面目で堅苦しい雰囲気。ピーターズなら最近のポストモダンチックな作品を読む方が面白い。

「ビジョナリー・カンパニー」は明らかにこの本を意識して書かれているように思われる。スター経営者はいらない、カリスマもいらない、行動力もいらない、ビジョンや戦略もいらない、顧客サービスも不要だという「ビジョナリー・カンパニー」の冒頭は、MBAの常識的考えを覆すし、スターそのもののピーターズを全否定しているように感じられた。最初は衝撃的だったけれど、読み進めていくと、「ビジョナリー・カンパニー」も「エクセレント・カンパニー」も本質的には同じことを語っているように思われた。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:38| Comment(1) | TrackBack(1) | 経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

  失礼します。     

  「アル中を癒され」「脳梗塞より生還」「倒産によるサラ金地獄」
より、御言葉によって「癒され・救われた者」の「証」です。  
     
 「心のマーケティング」のご案内
      http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/
     
        ご笑覧ください。     安達三郎
Posted by あだち at 2011年10月29日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビジネス力の磨き方 (PHPビジネス新書 27)
Excerpt:  著者の先見力、仕事力の紹介といった感じでしょうか。 10年前に新聞の購読をやめて、今はRSSリーダーを使っている。朝5時から仕事をしている。 現在は、かつての工業化社会のように規格大量生産が求められ..
Weblog: デジカメがたくさん
Tracked: 2008-02-04 03:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。