2006年10月10日

森信三:修身教授録を読んで、30代の頼りなさを知る

修身教授録―現代に甦る人間学の要諦
修身教授録―現代に甦る人間学の要諦森 信三

竹井出版 2001-06


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人生二度なし―悔いなく生きるために いかに生くべきか―東洋倫理概論 講話録 真理は現実のただ中にあり 森信三・魂の言葉―二度とない人生を生き抜くための365話 森信三 教師のための一日一語


森信三先生の修身教授録を毎日ちょっとずつ読み進めています。今日は40歳について書かれた章を読みました。

最近30代が頼りないなと思っています。自分が30歳に近づいたせいかもしれませんが。

企業の中堅30代は、若く、まだ頼りなく、自殺者、ストレスに襲われる人も他の世代より多いようです。結婚していない人もたくさんいるし、新婚さんもたくさんいます。スマップのほとんどはもう30代だし、お笑い芸人の若手と呼ばれる人の多くも30代。30代は相対的に若く、弱くなっていると思っていました。

そこで、森さんの本を読んで妙に納得。今の30代が弱っているわけでなく、もともと30代は、というより40代以下はまだ弱かったようです。

孔子も齢四十にして心に迷いがなくなったと言っています。40歳になって初めて、天下国家のために役立つ仕事ができる。40歳になるまでに、自分を創るのが人間の仕事であり、ほとんどの人は40前に自分を創れないという話を聞いて、妙に合点しました。同時に、自分が全然社会の役にたってないな、大人になって、仕事をしているのに、全然だめだなと思っていた迷いがすっとはれました。役に立てなくて当然、20代のうちはとりあえず働いているだけで、まだまだ全然仕事をしているとは言えないようです。

これからかつを入れて、40代、孔子や森先生のように広く活躍できるよう、自己を修めていきたいと思います。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25234621

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。