2007年04月15日

新自由主義

photo
新自由主義―その歴史的展開と現在
デヴィッド・ハーヴェイ 森田 成也
作品社 2007-02
おすすめ平均 star
star「新自由主義とは何か」を改めて考えるうえで

ネオリベラリズムとは何か 世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す 悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環 社会 ニュー・インペリアリズム

by G-Tools , 2007/04/15



アエラの記事を読んで購入した本。新自由主義の歴史を批判的に考察した内容です。久々に学術書を読みますが、最近の日本の経済・社会変化状況、また国際情勢を理解する上で必要な良書だと思います。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネスについての哲学的考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

小林正観『宇宙を味方にする方程式』

photo
宇宙を味方にする方程式
小林 正観
致知出版社 2006-02
おすすめ平均 star
star読みやすいです
starひとりでも多くの人に読んで欲しいなっと思います。
starなるほどね〜
starはじめての
star素直が一番!!

釈迦の教えは「感謝」だった 楽しい人生を生きる宇宙法則 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール ツキを呼ぶ「トイレ掃除」―宝くじ当選!理想の人と結婚!赤ちゃんができた! 地球が天国になる話

by G-Tools , 2007/04/08



前々からこの人のことは気になっていたのですが、先日ようやく購入。もっと早く読んでおけばよかったと思います。わかりやすくてすんなり読める良書です。

気に入った箇所。

・がんになりやすいのは、数字を追いかけて生きている人。数字を追いかける人生は、神様が望む人生から遠いからがんにかかりやすい。いかに自分が喜ばれる人生を送るかが大事。

・花粉症にかかる人は完全主義者。本人は完全主義者じゃないと思っていても、がんばっている人、仕事が未完成だと不安になる人は完全主義者。

・アトピーの人には、まわりに必ず急かす人がいる。

・悩みも苦悩も一切ない人生は、どういうものか。それは夢も希望もない平穏な生活。

・成功も失敗もない。毎日のんびり生きること。

せかせかしすぎで、疲れすぎていたと反省。もっとだらりと、世界を見つめつつ生きてみます。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 18:55| Comment(0) | TrackBack(1) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

人生を導く5つの目的

人生を導く5つの目的―自分らしく生きるための40章
人生を導く5つの目的―自分らしく生きるための40章
リック・ウォレン 尾山 清仁

関連商品
人生を導く5つの目的 祈りの日記 ~40日の心の旅~
The Purpose Driven Life: What on Earth Am I Here For?
回復への道
健康な教会へのかぎ
イエスのように
by G-Tools


ブックオフで偶発的に出会いました。自己啓発書のようなタイトルですが、内容はキリストの教えです。

大学生の頃からキリスト教に大変興味がありましたが、クリスチャンではありませんでした。

クリスチャンとして生きることを強くすすめるこの本を読み終わった後でも、私はクリスチャンとなりませんが、たくさんのことを教えてもらったと感じています。自分は宗教ではなく哲学と文学の世界で仕事をしていく心づもりですが、この本に書いてあることを、あざ笑うことはないようにしていきます。

多くの教会は迷っているように思える。多くのクリスチャンが堕落しているように思える。だからといってキリストを離れることは、間違っている。

何故苦しいのか。こんなに苦しいし、世界は悲惨なのに、神様などいるのだろうか。神様は個人の喜びをかなえる存在ではない。神は、人が試練を通じて成長されることを強く願っている。

どんな仕事が一番自分にふさわしいのか。聖書は教えてくれないし、神も定めていない。どんな仕事につくにしても、キリストの教えを大切に生きること。愛と優しさをともして毎日生きること。

キリスト教に対する多くの疑問、反感、違和感が、この本によって解決しました。すばらしい本です。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

姿勢の悪さを治したら仕事が楽になった

最近ずっと疲れていたのですが、「オーラの泉」で、美輪さんが、みんな緊張しすぎて呼吸していない、肩、目のまわり、二の腕、首がこわばっている、上半身の力を抜いた方がいいと言っていたのをきいて、まさに自分は上半身を緊張させすぎていることに気づきました。

テレビを見た翌日から、上半身の力を抜くことを心がけたら、今まで辛くて辛くてしょうがなかった仕事が、だいぶ楽になりました。思うに首を前にずっと突き出しながら、パソコン画面を凝視していたのがいけなかったのでしょう。呼吸も浅く、二の腕、肩、首、頭がずっと痛かったです。今では自然と姿勢もよくなりました。会社が悪かったわけでなく、私の姿勢が悪かっただけのようです。

誰も姿勢のことは注意してくれない。生活を送る上で姿勢というのは、とても大切なことですが、体にかかわることだからか、姿勢のゆがみを指摘してくれる人は少ないです。一方、多くの日本人は体が歪んでいます。筋力も弱りました。心もそれに応じて苦しんでいるようです。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。