2006年12月21日

書評:ピーターズ『エクセレント・カンパニー』

photo
エクセレント・カンパニー
トム・ピーターズ ロバート・ウォーターマン 大前 研一
英治出版 2003-07-26
おすすめ平均 star
star事例が古くなっており、新しい知見の獲得が難しい一冊
star名作
star原点はこの本だと思う
star普及の名作エクセレントカンパニー
star「成功本を読む奴は成功しない」を証明するような復刻ブーム

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 新訳 経営者の条件 ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略

by G-Tools , 2006/12/21



トム・ピーターズは、アメリカにおいてはドラッカーに継ぐ重要な経営学者と評価されている、とピーターズの宣伝文には書かれているが、日本では人気があまりない。軽やかで、派手好きで、華々しいピーターズの文章は、真面目な日本人には向かないのだろう。この本はピーターズのデビュー作であり、経営学の名著の一つとされている。80年代日本企業におされて絶不調だったアメリカ。ピーターズはアメリカ企業の中で真に卓越している企業の、卓越している秘密を探り、本にした。アメリカの誇りの回復。当然アメリカでは受けるが、日本人にしてみれば面白くないのだろう。

ピーターズが上げたエクセレント・カンパニーになる秘訣は、顧客への密着、行動の重視、”ひと”の重視など。今にしてみればどれも当たり前の考えだが、それほどピーターズの言葉に影響力があったということだろう。何より、最近のピーターズのぶっ飛んでいる文体に比べると、この処女作は至極真面目で堅苦しい雰囲気。ピーターズなら最近のポストモダンチックな作品を読む方が面白い。

「ビジョナリー・カンパニー」は明らかにこの本を意識して書かれているように思われる。スター経営者はいらない、カリスマもいらない、行動力もいらない、ビジョンや戦略もいらない、顧客サービスも不要だという「ビジョナリー・カンパニー」の冒頭は、MBAの常識的考えを覆すし、スターそのもののピーターズを全否定しているように感じられた。最初は衝撃的だったけれど、読み進めていくと、「ビジョナリー・カンパニー」も「エクセレント・カンパニー」も本質的には同じことを語っているように思われた。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:38| Comment(1) | TrackBack(1) | 経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

働いていてハッピーですか

どうも多くの日本人は、働いているとき不幸を感じているのではないかと思えてしまう。それは私が不幸を感じているせいかもしれない。不幸を感じながら働いていると、自然も周りも苦痛を感じながら働く人が集まってしまうのかもしれない。実際働きながら幸せを感じている人の職場には、同様の性格傾向を持った人が多いのだろう。

働いているとき何故こうも不幸なのか。それをつきつめていくと、仕事に対する考え方とか、人生の価値観とか、人生計画がはっきり定まっておらず、ただ欲望とか楽しみだけを求めて生きているせいかもしれないと思えてくる。

働く時間は人生で最大ともなるのだから、いかに幸福を感じながら働くことができるか。今後はこの問題について集中的に考えてみたいと思います。

photo
ライフ・ヒーリング
ルイーズ・L. ヘイ Louise L. Hay 中西 珠佳江
たま出版 1993-11
おすすめ平均 star
star魂の旅
starポジティブになるためには良い本
starYou can heal your life
star★★★★★+★

すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉 こころがやすらぐ本―自分のちからを信じよう こころが満たされる本―すべてはあなたの中にある

by G-Tools , 2006/12/17


posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せを味わう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

世界にはたくさんの本があふれているけれど

世界にはたくさんの本があふれている。今日もまた日本国内だけでたくさんの書物が出版されている。その中で読む価値のある本はいったいどのくらいだろう。

商品の寿命が短くなっているという。たくさんの商品が毎日毎日新発売されるため、消費者に飽きられたらすぐに廃棄されてしまう。消費のスピード加速。

いったい何のために生きているのだろう。どうして商品や本はたくさん生まれているのだろう。

世間のスピードの波の、そのまっただなかから遠いところに身を置いて、世界を眺めてみると、大事な言葉が見えてくる。

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

大切なことをたくさん伝えましょう

仕事をするのはお金のためじゃないと思いながら働いている人は幸せだ。自分の大切なことのために働いているから。もちろんお金が大切だと思って働いている人もたくさんいる。それはそれでいい。お金を稼ぐためにしょうがなく嫌な仕事を続けている人は、いつまでたっても満たされない。

今すぐ満たされてしまえ。

眠たいときにはぐっすり眠るようにすれば、体の調子が戻ってくる。眠たいときにまでおきていると、神経がおかしくなってくる。

僕は空を見上げる。東京で空を見上げている人は少ない。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せを味わう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

幸せを味わう、心のために

いろんなことに思い悩んだ結果、溢れてきた文章を載せてみます。できればこれから毎日この調子で書くことを続け、己のライフワークとしたいです。

 僕は多くの人に喜びと勇気を与えるために生まれてきた。毎日たくさんの人を愛しいつくしんで、たくさんの人の幸せのために働いて、自分自身大きな幸福と充実感を生きる。それが僕の人生に与えられたシンプルな使命である。どんなことがあってもみんなの喜びのために働き続けること。多くの人に愛と平和を。
どんな人生を送るか。幸福な人生。これは当たり前のこと。幸せになろう。そう、幸せになろう。どんどんと幸せになろう。早く早く早く。神様に深く愛されています。毎日毎日いつくしんでもらっています。何を悲しむことがあろうか。早く気づくべきでした。
 どういった仕事をしていくべきか。小説家という枠にとらわれず、大きな心で考えて見ます。僕は世界中の人に役の立つ文章を書きます。僕は世界のために働きます。
 僕は祈ります。僕は毎日祈ります。世界中の幸せを喜びを愛をいつくしみを。
 幸せに。愛撫されて、楽しい人生を。
 どんな文章を書いていくか。誰もが幸せになれます。

 幸せの小説

 私は毎日幸せを感じながら生きている。幸せのことを思うと、顔に自然と笑みが広がる。満足。
 いつでも満ち足りている。ほしいほしいと嘆くことがない。能力はいりません。すでに全部持っています。何もかもを体験しています。誰もが味わう苦しみを潜り抜けてきたし、愛と悲しみもたくさん味わってきた。これからもまだまだ学ぶことがたくさんある。
 誰かが側で笑っていた。読んでいて幸せになる本を読もう。読んでいて頭が良くなる本よりも、ハッピーが満ちてくる本。君にとっての幸せ。
 あなたに会えてよかった。その単純なことが言えずに苦しんでいた。あなたと一緒に働けてよかった。あなたは私にとってとても大切な存在。いとおしい存在。私はあなたを助けるために働いています。あなたを助け、あなたとたくさんの喜びを分かち合い、あなたちに愛を注ぐ。
 私はあなたの兄となり、父となる。あなたも私の兄となり、弟となる。ともに喜びをわかちあう兄弟以上の強い兄弟。


 もう他の人がどんな小説を書いているかとか、時代の流れとかは考えず、ただひたすら大切なことだけを書いていきたい。残された人生の短い時間、精一杯生きて、多くの人に役立つ文章を書き続けていきたい。幸せを告げる胸の高鳴り。
 おお、私の仕事は報われなくても、大きな喜びを感じる。私は小説を書いているから。私はただこうしてあなたの人生の糧となるために書いているだけで報われます。今までの苦しみが嘘のよう。そう書くだけで楽しいということ。こんな大切なことを何故忘れていたのか。一番最初に体験したこんな楽しい思い。姉のワープロをこっそり使って初めて文章をうちこんだときのあの楽しい興奮をいつでも感じながら、文章を書いていくこと。
 あなたは生きるために生まれてきた。これは当たり前のことなのに、多くの人が生きることに苦しんでいる。何故苦しむのだろう。喜びは目の前にあるというのに。喜びは僕らの目の前で眠っている。これをつかめばすぐに疲れがとれる。
 世界は泣いている。泣かなくてもいい場所で、苦しまなくてもいいときに苦しんでいる。喜びを味わおう。怒りをおさめて許しを。
 おお許したまえ、世界は君を許した。君も世界を許せ。どこまでも続く人生の途中に怒りはふさわしくない。
 感情の営みについて書いていこう。感情は人を救いもし、傷つけもする。人生を高めるのは一重に感情だけ。愛を感じて、喜びを感じて。前に向かって歩いていこう。
 僕の気持ちを感情が撫でてくる。あのやわらかい物腰で感情が近づいてくる。祝福しようともに君と歩むすばらしさ。おおこれは喜びの歌。君とともに歌う。

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せを味わう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

飯田史彦『人生の価値』

photo
人生の価値―私たちは、どのように生きるべきか
飯田 史彦
PHP研究所 2003-09
おすすめ平均 star
star軽症うつが読んだ直後に治りました!!!
star不安と正対して生きる
star自ら生きることを考えさせてくれる
star飯田さん生きがい論シリーズの最高峰!
star考えさせられる一冊です

生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか 生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える ブレイクスルー思考―人生変革のための現状突破法 生きがいのマネジメント―癒しあい、活かしあう生き方へ 愛の論理―私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか

by G-Tools , 2006/12/03



生きがい論、飯田先生の本を読んで、自分自身の人生を振り返りました。

自分の人生が一体何点だったのか、得点をつけるのは自分だけ。ベストをつくしてきたか、自分でできる最高の人生を送ってきたか。

人との比較ではなく、自分で評価を決める。誰も否定的評価は下しません。自分に得点をつけることができるのは自分だけ。

がんばります。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。