2006年09月30日

書評:安岡正篤「易と人生哲学」

易と人生哲学易と人生哲学
安岡 正篤

易學入門 知命と立命―人間学講話 運命を開く―人間学講話 人生と陽明学 干支の活学―安岡正篤 人間学講話

by G-Tools


易経についての解説書です。占いとしての易ではなく、学問、活学としての易経解説です。

易を学べば、占う必要がなくなると著者はいいます。易の言葉一つ一つには深い意味があり、易を順番に学んでいけば、人生が次にどう展開していくか、わかってくるのです。よいことの後には難事が起こり、難事をくぐり抜ければ、よいことがおきる。調子のいいときにおごりたかぶることなく、謙虚に生きること。人への慈悲心を忘れぬこと。

宿命ではなく、運命、さらには自分で運命を切り開く、立命の教えです。

占い師に将来の運勢を語られても、自分の行ないを正していけば、宿命をかえることができる。これが、立命の教えです。今ある人生を変えること。易とは立命の思想です。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

東洋思想に即して

最近東洋思想に即して、人生、人物学について学びを深めています。

知恵だけを高めるのでなく、徳も高めて、人格の向上をはかること。

徳のある人は知恵がなく、知恵がある人は徳がないという状態に陥りやすいです。両方を高めていくには、日々己の行動を観察し、注意深く生きること。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

目標と計画を持つことの大切さ

一週間実家に帰省しました。
大学の頃から、僕は実家に帰る時、いつもたくさんの本を持ち帰ります。帰る前は、時間が十分あるのだから、たくさんの本を読めるだろうと思って持ち帰るのですが、いつもいつも、ほとんど読めずに終わってしまいます。

今回もそうなりそうだったので、途中から、何日にどの本を、どこまで読むのか、日ごとのスケジュールをたてました。日ごとでスケジュールをたてたら、今度は一日のうち、読者の時間を何時間とれるか、一時間でどこまで読むのか、細かい目標をたてました。そうしたら、読む予定の本を、予定より早く読み終わることができました。目標を持ち、計画をたてることの大切さをあらためて実感しました。

終了時間目標をたてると、ペースが遅れていると感じた時、自己修正ができます。目標を持っていない場合、読むのに飽き足り、疲れたりすると途中で本を読むのを投げ出しますが、目標があれば、集中力が持続します。疲れたら5分くらい休憩をとって、リフレッシュしてから再開しようというアイデアまで浮かんでくるようになります。

読んでいて難しい箇所にくれば、投げ出したくなるものですが、目標があれば続きます。

目標がなければ、本を最初から最後まで全部読もうと無駄にあがいてしまいます。目標があれば、自分の人生に役立てたい箇所、この本を手にした時、何を読みたいのか最初に定めていた箇所だけを丁寧に読むことができます。

目標は集中力、持続力、達成力を生み出します。目標があると、時間的余裕もたくさんできます。目標をたてる前は、朝から夜遅くまでだらだら読んでいました。疲れたら、途中で何時間も昼寝するのがざらでしたし、テレビを見ながら読書をしていました。目標をたてたら、午前と午後を読書時間にあて、夜はテレビを見てリラックスする時間にすることができました。

計画、スケジューリングでこんなに行動が変わるとは、あらためてびっくりです。明確な目標を持つことは、ナポレオン・ヒルを始めあらゆる成功哲学の基本ですが、こうまでかわるのかとびっくりです。


【携帯版】思考は現実化する
【携帯版】思考は現実化するナポレオン・ヒル 田中 孝顕

きこ書房 2005-03-27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
成功哲学―あなたを変える素晴らしい知恵の数々 図解 思考は現実化する―金持ちビジネスマンになるための17の方程式(ゴールデンルール) 速聴で聴く巨富を築く13の条件 心構えが奇跡を生む 愛蔵版 図解・思考は現実化する

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

書評:スキナー「成功の9ステップ」

成功の9ステップ
成功の9ステップジェームス・スキナー

幻冬舎 2004-02-26
売り上げランキング : 1524

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
加速成功―願望を短期間で達成する魔術 7つの習慣―成功には原則があった! 人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ 非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣


やたらわかりいい本です。成功哲学自己啓発網羅的内容、総合学習の王道。

著者は感情を重視します。〜したい!と思っていても、めんどくさければ人はやらない。めんどくささをぶっ飛ばすほど、やりたい理由があれば、人はやる。

面白かったのは、行動予定でなく、体験する感情の予定をイメージするようすすめていた箇所。

彼女とデートすることをスケジュール表に書き入れたとする。いざデートする。あんま楽しくなかった。想像していた方が楽しかった。よくあること。

こういうのがなぜおこるかというと、デートするという行動予定を頭の中に思い描いていたから。

デートしてこんな感情を経験しよう!と頭に思い描いていれば、そういう感情を経験できるようにデートをデザインできるはず。すると理想と現実のギャップに悩むこともなくなる。失望は、望んでいた感情を経験できなかったせいで起きる。

楽しいデートをするためにぜひ。

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 14:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金持ち父さんシリーズを読んで思ったこと

いま金持ち父さんシリーズを読んでいます。

読んで思ったこと。

やっぱり知的著作物を作ることは重要!

作り出す作業は大変でも、その後著作物が、作者にお金をもたらしてくれます。

良質の情報をたくさんの人に、安価に提供すること。

お金もちはずるがしこいんじゃなくて、気前がいい。みんなに知恵を分け与えることで、その人はしたわれ、豊かさを手に入れる。

世界をどんどん豊かにする気前のいい人が、もっとも豊かになる。


いろいろ批判のある金持ち父さんシリーズですが、最近になってその価値を実感しています。

学校の教育。

仕事の教育。

お金の教育。

金持ち父さんは、お金の教育が足りないといいます。

上記3つの教育にプラスアルファ、人間、人格の教育が付け加わったら、最強でしょう。

人格教育は古典から。


金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 白根 美保子

筑摩書房 2003-07-11


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
金持ち父さんの投資ガイド 入門編 ― 投資力をつける16のレッスン
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ― 起業家精神から富が生まれる
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育

posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

自己啓発の名著:安岡正篤「活学としての東洋思想」

活学としての東洋思想―人はいかに生きるべきか
活学としての東洋思想―人はいかに生きるべきか安岡 正篤

PHP研究所 2002-02


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
人生と陽明学
人間としての成長―東洋の古典から何をいかに学ぶか
論語に学ぶ
日本の伝統精神―この国はいかに進むべきか
人生の五計 困難な時代を生き抜く「しるべ」



『週刊東洋経済』のおすすめビジネス書特集で、ソフトバンクインベストメントの北尾代表は、お金儲けの方法を教えるマニュアル書は使いものにならない、そういう即席の実用書籍より、人生を教える古典を何度も読むべきだと語っていました。北尾さんのおかげで、森信三の存在を知ったし、安岡正篤を読んでみようとも思い立ちました。

さて、安岡正篤のこの本では、禅、儒教、老荘思想、「大学」、「史記」など中国の古典について多く語られています。陽明学が専門である安岡先生の古典解説が実にうまく、難しい禅にまつわる誤解がとけました。

仏教と儒教と老荘思想は別物だと思っていましたが、一流の仏僧ほど儒教の書物を読んでいるし、儒学者の多くは老荘思想を学んでいる。儒教、老荘思想、仏教、禅、朱子学、陽明学などは深くまざりあって、東洋哲学を生み出しているという解説を聞いて、どれか正しいのを一つ選ぶというのでなく、万遍なく流れを学ぼうと思いました。しかも、机上の学問としてでなく、現実に活かす活学として。

お金の儲け方とか一切書いてありませんが、悩んでいる時に読むととても心が強くなります。どうしていいかわからない時、闇雲にマニュアル本を読みあさるよりも、こうした人生哲学の書物を読む方が、迷いが消えて力強くなると思います。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 22:37| Comment(5) | TrackBack(2) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

書評:「短く深く眠る法」

頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方
頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方藤本 憲幸

三笠書房 2005-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夢を実現する戦略ノート 記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術 コリン・ローズの加速学習法実践テキスト―「学ぶ力」「考える力」「創造性」を最大限に飛躍させるノウハウ 頭脳の果て 戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ


ブックオフで、100円で購入しました。著者は1日3時間睡眠でよいといいます。むしろ3時間の方が快適だし、仕事もたくさんでき、収入も実力もあがる。寝すぎることは身体に悪いといいます。

1日7〜8時間眠る必要があると思い込んでいるからこそ、3時間しか眠れない日が苦痛になるそう。眠っている時間より、眠り足りないという思い込みの方が、身体にとってストレスになるそう。

長時間眠るより、深く短く、こまめに睡眠取る方が作業効率もアップ。人生快適。
posted by 春昼(旧名 野尻有希、再度昼) at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。